本文へジャンプ

チューリップの育て方・お手入れ方法

HOMEチューリップの育て方・お手入れ方法

チューリップの育て方・お手入れ方法

チューリップは、秋に植えて春に咲く秋植え球根の代表的な球根で、花形・花色・草姿・葉の模様・香りなど色々な特徴があるトルコ原産の植物です。

チューリップ
学名
:Tulipa
科名
:ユリ科
草丈
:30〜60cm
耐寒性
:◯
耐暑性
:△
楽しみ方
:鉢植、庭植、切り花
形態
:球根
日当たり
:日なた

栽培カレンダー

チューリップ栽培カレンダー

植え付け

1. 用土

土質は選びませんが、水はけのよい土が適しています。
例:赤玉土(小粒)7、腐葉土3
市販の「球根の土」が利用できます。

2. 植え付け場所・置き場所

日当たりの良い場所を好みます。
冬の寒さにしっかりと当たるよう野外で管理します。

3. 植えつけ方

鉢植えの場合
鉢植えの場合

植え付け間隔は3〜5cmくらい、深さは球根が隠れるくらいの深さで植えつけます。
8号鉢で10球、65cmプランターでは20球くらいが目安です。

庭植えの場合
庭植えの場合

植え付け間隔は10〜15cm位、深さは5〜10cmくらいに植え付けます。

管理方法

水やり

土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
特に冬期の乾燥は花の咲かない原因となりますので鉢植えの場合は特に注意が必要です。

肥料

特に必要はありません。
与える場合は元肥として緩効性肥料を少量与えます。
葉が出た後は月に2〜3回、液肥を与えます。

花後の管理

球根の掘り上げ
花後は花がらを摘み取り、水やりを続けます。
葉が黄色く枯れてきたら球根を掘り上げ、1週間程度日陰で乾燥させます。
その際に消毒をしてから乾燥させると病気の発生を抑えられます。

八重咲きチューリップをプレゼント!
八重咲きチューリップがアンケートに答えて当たります!

富山育ちチューリップの魅力
富山の肥沃な大地で育てられた高品質の球根です

八ヶ岳育ちの宿根草の魅力
環境の良い八ヶ岳南麓で育った高品質の宿根草です。

Bellflow
花の大和とサカタのタネとのコラボレーションによる新ブランドです

花の大和スタッフブログ
“球根と宿根草の魅力”をお伝えします

花の大和ムービーチャンネル
商品や植物の育て方などを動画でおとどけいたします


ページの先頭へ