夜の楽しみ

昨年から熱帯スイレンの栽培に
はまっているF部長代理

よ~咲くわ~と
目をキラキラさせて
金魚とともに
夏を満喫されてるようで、
幸せそうに見えます。
ですが
どちらも自分の趣味を
感化させてしまった
責任の重いさくちゃん49です。 🙂

でもホント良く咲きます。

バケツ栽培のミニミニドウベン。

ラーメン鉢でもOKです(^v^)

ミニ系青のお気に入り 「ミロク」

どちらも氷点下5℃屋外放りっぱなしで、
越冬しました。←水は入れた状態

こちらはデカ青スイレン パラミー


夏が暑いと良く咲くのですが
ただ
このスイレンというのは
ナンギなところがありまして

咲くのは昼間
会社生活の場合
日常、ぜーんぜん 花
おめにかかれないのです。

毎朝ツボミと、帰宅後も
閉じたツボミ
まともに花を観賞できるのは
休日とか盆くらいのもんです。

一方で、
夜に咲くスイレンは
帰宅したら開花して
朝 出勤して、それからしぼむという

今日では
ありえない
優しいカミサンみたいな?
花です。

問題は、本来すごくデカい植物。
いかに大きな水鉢でも手こずるので
トライしてなかったのですが

我慢できなくなって ←?
穴をほって
プールを
作ることにしました。
どうしても、
日増しに咲かせたくなったのです。←ほとばしる何か

木枠で130cmの正方形を作成。
枠自体の高さは16cm(2×6材です)

強度や水圧は、会社の若TUKI君に相談←スパコン富岳
300リットルには耐えることを確認しました。

さて設置

双子がよってきて
何つくっとる?としつこく聞きますが
あまり、
説明したい気持ちになれず
しょーもないモン・・と解答

膝ついて穴をほっていると

育ちの悪いキウイ棚に
作ってあげたブランコから

しょーもないことしとるわ。
パーパはしょ~もない。と
あおり

ヒマワリの向こうでは片割れが
ほんま、しょーもないわ。と
トランシーバーのように
ののされ続け
さすがに噴出し笑えてきますが、スルー。

中心部は深く水深60cm確保

ビニールシートかぶせます。

完成

ビニールシートがモスグリーンです。
完成度にこだわりました(^v^)←自己満足

特大の鉢に仕込んだ苗・・40cmの穴無しポットです

これを水没、

あとは待つだけ。

3週間経過し
ついに!
初開花を迎えました。
ヘッドライトつけて見に行くと!


なんて美しい
毒々しいほどの赤でしょうか!
感激~~

日が経つごとに
本領発揮し
猛暑で活性化していきます。

朝7時半でも咲いてます

トノサマガエルの住処と化します


ついに3輪開花(*^_^*)

追肥もパラパラ水に投入するので
すぐ濁りますが、しだいに澄んできます。
肥料吸収がすごそうです。
いまなお巨大化中♪

2週間に1回、
水換えしており
水ぬいてみると
こんな姿。1.3mでも葉がはみだす巨大さ

道行く人が、
なんじゃこりや?と
怪訝な目で見てとおるのを
見るのが、
これまた楽しいガーデナーの

ニヤニヤ所、性分デス。←真骨頂

この巨大な夜咲きスイレンを、
なんとか小型化し育種するのが狙いで
考え中のさくちゃんです。
どんぶり鉢くらいがいいな~

父の日に、グロイプレゼントが
流行するのを夢見て
サラリーマンへの癒しを開拓する投稿・・